スポンサーリンク
スポンサーリンク

新潟市のオレンジカフェ #344

このnoteでは認知症に関連した情報発信と全国区市町村での取り組みなどを紹介しています。
ブログ「認知症ちいきマップ」についても週末少しアップデートしました。
また宜しければ覗いてください。


新潟県新潟市中央区におけるオレンジカフェの取り組みです。

特徴は2点で1点目は、岡三にいがた証券新潟支店が関わり、同社のコミュニティホールで開設されているという点、もう1点目は非常に立地の良い所であるということです。

岡三にいがた証券は2022年に「認知症バリアフリー宣言」を公表してから、認知症バリアフリー社会を目指す取り組みを続けてきており、今回はその一環だと思われます。

ホールでは、認知症の患者と地域住民が交流出来る「いきいきオレンジカフェ」が開設され、お茶を囲んで語り合うのは認知症の患者やその家族、地域の住民です。

「いきいきオレンジカフェ」は、毎月第2木曜日の午後2時にオープンしているそうですので近くの方はお立ち寄りになってはいかがでしょうか?

また2点目の立地の部分ですが下記の地図に場所を示しています。新潟市をご存じの方も多いかと思いますが信濃川を挟んで古町と万代という二つの繁華街があります。

どちらかというと古町が昔ながらの商店街やお店が立ち並ぶ場所で今回のオレンジカフェはこちらになります。

オープンな場所で様々な人と触れ合い、つながっていく。
オレンジカフェのあり方は様々ですが、企業などの協力も得ながら誰でも気軽に立ち寄れる場所に設置するということが認知症バリアフリー社会を目指す上でも大事であると感じました。

「認知症バリアフリー宣言」
岡三にいがた証券は新潟市繁華街である古町周辺に立地

https://news.yahoo.co.jp/articles/62b37a7a2c1ad481d1cba6fb6232ccbb5f777d45

バリアフリー社会を目指し月1回オープン 認知症患者と地域住民が交流できるカフェ【新潟・中央区】

出典 UX新潟テレビ21

タイトルとURLをコピーしました