スポンサーリンク
スポンサーリンク

鹿児島国際大学サポーター養成講座 #142

サポーター養成講座の実施先として大学・アカデミアがあります。
過去もいくつか内容入れていますが地域に密着した大学が実施する機会が多いですね。
鹿児島国際大学でも昨年に引き続き実施されているようです。
内容は下記の通りです。

鹿児島国際大学 社会福祉学科では、12月16日にゼミ生(3・4年生)21名を対象に「認知症サポーター養成講座」を開催されています。

この講座は、鹿児島市健康福祉局長寿あんしん課の協力のもと、昨年に引き続き実施されています。今年度は、現役の看護師であるキャラバン・メイト(専門講師)の方にお越しいただき90分間の講義を聴講されています。講義内容は、認知症の理解、認知症の方の気持ち、認知症の人と接する時の心構え、予防、家族の気持ちの理解などで、教材テキストとDVDを用いながら説明がされました。

学生からは、「現場の講師の方であったので、認知症の方々への対応がイメージしやすかった」「認知症を正しく理解し、支える地域づくりを目指していくために、私たちにできることは何か、考える機会にもなった」などの感想が寄せられました。

受講後は、認知症サポーターの証となる「認知症サポーターカード」が配布され、21名の「認知症サポーター」が誕生しました。地域で認知症の方やそのご家族に対してできる範囲で手助けする認知症サポーターとして、地域で認知症理解を広げていきたいとのコメントがありました。

https://www.iuk.ac.jp/news/archives/432

認知症を理解し、支える地域に

出典 鹿児島国際大学
タイトルとURLをコピーしました