スポンサーリンク
スポンサーリンク

松山市:”カフェ”が”認知症カフェ”にもなります #869

市町村での取り組み

ブログでは認知症に関連した情報発信と全国区市町村での取り組みを紹介しています
テーマ毎にもまとめていますので宜しければご覧ください

はたはたです。
いつもブログみていただきありがとうございます

愛媛県松山市に2023年8月にオープンした「ますcafe」というカフェがあります。

今回、このカフェがお休みしているときに開かれている「ますcafeオレンジ」の話題がありましたので掲載します。

instagram : https://www.instagram.com/masu_cafe_

認知症(オレンジ)カフェは全国に多数存在し、その運営の仕方も様々です。そして全国では地域の公民館などの場所を確保して、月一回程度開催しているのが多いのではないでしょうか?

ブログでは過去に掲載した認知症カフェの内容をカテゴリーにまとめてありますのでご覧ください。
https://mapchiiki.com/category/cafe

こちらの「ますcafeおれんじ」では3か月に1回の開催頻度でありますが、通常カフェとして営業している「ますcafe」の場所を借りて実施をされています。そして運営は市地域包括支援センター和気・堀江が行い、内容として介護の専門職らによる認知症予防の話やレクリエーションを実施しています。

地域包括支援センター内で開催する認知症カフェも多いかと思いますが、地域のおしゃれなカフェでゆっくりと気の合う仲間とコーヒーを飲むために、デイサービスとは違う時間を過ごすのはまた良いかと思います。

ただ実際、地域にカフェや喫茶店は多くあると思いますが、このような取り組みを受け入れてくれる所は多くないかもしれません。

まずは認知症によって起こる症状もお伝えしないといけないかもしれません。

ただカフェや喫茶店というのは誰もが気軽に立ち寄れる場所だとは思いますし、理解も得られるのではないかと思います。

また今回、限られた日程とは言え、地域包括支援センターが運営するというのは初めて知ることになりましたし、また松山市内だけでなく、愛媛県全県で広がりを見せて欲しい内容だと感じました。

最後まで見ていただきありがとうございました。

https://www.ehime-np.co.jp/article/news202405270141

引用 愛媛新聞
タイトルとURLをコピーしました