スポンサーリンク

認知症と見守りについて ##3

見守り

このブログでは認知症に関連した情報発信と全国の市町村での取り組みについてnoteで投稿した内容をまとめて紹介しています。

今回のテーマは「認知症と見守り」についてです。

見守りに取り組む自治体の現状

現在、全国多くの自治体では認知症高齢者に対して関係機関、地域の方との協力による日々の緩やかな見守りと、行方不明高齢者等の早期発見・早期対応のための模擬訓練などの活動をしています。

そして認知症になっても安心して暮らせる地域づくりのために、システムとしての認知症高齢者等見守りネットワークの導入も進んでいます。

アプリも使い豊橋で認知症行方不明者捜索訓練
つつじが丘校区で高齢化社会見捨え 豊橋市社会福祉協議会東部地域包括支援センターは27日、つつじが丘校区で「認知症行方不明者捜索模擬訓練」に取り組んだ。地域住民や民生委員、郵便局、新聞販売店、薬局などが参加、センター職員と共に情報伝達や捜索、...

引用 東愛知新聞

ただ、2021年の1年間で警察に届けられた行方不明者のうち、認知症やその疑いで行方不明になった人は1万7636人おり、統計が開始された12年から9年連続で前年を上回り、21年は過去最多の数を更新しているようです。

認知症当事者の数が増加していることはもちろんありますが、いつ当事者がいなくなるかわからない状況に万全の準備をすることが非常に難しいことも理由としてはあります。

そして行方不明として届け出された認知症の人のうち、21年中に所在が確認されたのは1万7538人で、そのうち生存確認されたのは1万6977人、全体の96.8%は無事に保護されています。

一方で、亡くなって見つかった人も残念ながらおり、過去の5年間の死亡発見者数は470人(17年)、18年(508人)、19年(460人)、20年(527人)、21年(450人)です。

全国の自治体の皆さんとしてはこの数を一人でも減らし、悲しい思いをする人をなくしたいとの思いから活動をしていると思います。

コロナの影響もありますが21年は減少傾向にはありますし、多くはその日のうちに発見・保護されています。22年もさらに減少になっていて欲しいものです。

高齢者の見守りシール(ステッカー)導入自治体の増加

そういった中、対策の一つとして見守りシール(ステッカー)を導入する自治体増えています。

見守りシール(ステッカー)については、家族や介護者が登録した注意事項などの情報を携帯電話などで読み取ることのできるQRコードが印字されたシール(ステッカー)で、高齢者の衣服や、かばんなどの持ち物に貼って使用します。

行方不明となった高齢者の発見者がQRコードを読み取ることで、高齢者の介護者とインターネット上の伝言板を通じてやり取りを行うことができます。

安価で気軽に取り組めることもあるのか全国の自治体で導入が進んでおり、下記の松戸市、松江市、奈良県、ふじみ野市の記事を掲載しておりますのでご参考ください。

「高齢者の見守りシール」について

引用 松戸市

認知症患者 見守りシール
【読売新聞】認知症患者の所持品に2次元コードを掲載した「見守りシール」を貼り、迷子時の保護に役立てる取り組みが、松江市で試験的に行われている。発見者が2次元コードを読み込むと松江署などの連絡先が表示され、同署などを介して患者家族に伝

引用 読売新聞(松江市)

認知症の人の道迷い、見かけたらどうすれば? 奈良県は増加傾向:朝日新聞デジタル
はなくいどり 最近、行方不明者における認知症の人の割合が増えてきていると聞いたよ。 A 昨年、奈良県警に行方不明者届が出された人の数は1113人だ。うち409人が認知症、またはその疑いがある人で、前…

引用 朝日新聞(奈良県)

認知症高齢者等早期発見ステッカー配付事業|ふじみ野市
ふじみ野市では、認知症により行方不明となるおそれのある在宅高齢者等に、早期発見、事故の未然防止のため「認知症高齢者等早期発見ステッカー」を配付しています。配付の際には、対象者の特徴や緊急連絡先などを市に登録していただきます。なお、登録内容は...

引用 ふじみ野市

まとめ

今回テーマとして「認知症と見守り」を取り上げました。

過去noteで取り上げた内容を見ても「認知症と見守り」は一番多いテーマであり、全国各地で見守りの模擬訓練やシール活用が進んでいることがわかります。

今後は、この記事を見た人が一人でも見守りシール(ステッカー)について

「こうやって役に立つんだな」
「自分の市でも始まっていたな」
「あのステッカー、シールそういえばつけている人さっきいたな?」
「でも今は特にお困りごとはなさそうだな、大丈夫そうかな」

などとなり、地域に暮らす住民が皆で認知症高齢者に対して日々の緩やかな見守りをしていくのが当たり前になると良いと思いました。
最後までみていただきありがとうございました。




過去のnote記事

#97  https://note.com/map_chiiki/n/n37f6612d29ca

#41 https://note.com/map_chiiki/n/n3b99c4aed277

#27  https://note.com/map_chiiki/n/ndf6e9f57deea

#9  https://note.com/map_chiiki/n/nc7d474111a7e

タイトルとURLをコピーしました