スポンサーリンク
スポンサーリンク

ガソリンスタンドで脳機能測定 #315

このnoteでは認知症に関連した情報発信と全国の市町村での取り組みなどを紹介しています。
ブログ「認知症ちいきマップ」では過去noteに掲載した記事をもとにテーマを決めたまとめとその他、興味のあるものを雑記ブログとして紹介していますので宜しければご覧ください。

今回の記事は、ガソリンスタンドでVRゴーグルを使って脳機能測定の内容です。
どんどん時代が進んできているのを感じますね。

出光興産は、愛知県内のサービスステーション(SS)「アポロステーション」3カ所で、VRゴーグルによる「脳機能測定」のサービスを期間限定で提供しています。

これからの電動車シフトや低燃費車の普及による石油需要の減少が見込まれる中、系列のSSをまちと人の豊かな暮らしをサポートする生活支援基地とする事業「スマートよろずや」の取り組みの一環です。

サービスは、VRゴーグルによる空間ナビゲーション機能と空間学習能力の測定結果に基づいて脳機能を診断、アルツハイマー型認知症の発症予防に向けた行動変容を促すレポートを受診者に提供します。

今後、全国の系列SSを生活支援基地「スマートよろずや」に進化させる取り組みを進めています。特に高齢化の進展で、高齢者福祉やヘルスケアに関する社会的なニーズは高まっており、このニーズに対応したサービスを提供する拠点としてSSを活用するそうです。

全国にはガソリンスタンドやサービスステーションと呼ばれるものは多数存在します。その拠点が地域のヘルスケアの起点となることは非常に良いと思いました。

ただ、実施した方が気になる結果だった場合のフォローについては触れていなかったためこの部分の支援も同時に進めて欲しいと感じました。

75歳以上の高齢運転者のうち、普通自動車対応免許の方が一定の違反行為をした場合、免許更新時等に運転技能検査の受検が義務付けられており、この話題は非常にセンシティブでもあります。

認知症と高齢者運転については下記のブログでもまとめていますので宜しければご覧ください。

https://mapchiiki.com/driver/

https://response.jp/article/2023/03/27/369144.html

ガソリンスタンドで認知症初期症状を診断…愛知県のアポロステーションで

出典 レスポンス
タイトルとURLをコピーしました