スポンサーリンク

裾野市:小学校でステップアップ講座 #517

このnoteでは認知症に関連した情報発信と全国区市町村での取り組みを紹介しています。
ブログ「認知症ちいきマップ」では過去noteに掲載した記事のまとめとその他、興味のあるものを雑記ブログとして紹介しています。
「ノルディックウォーキング指導者養成講習会について ##24」を追加しました。


静岡県裾野市にある向田小で認知症サポーター・ステップアップ講座が開かれました。
昨年度、基礎編の養成講座を受けた6年生16人が、実践的な応用編を通して認知症の症状を持つ人への接し方を学びました。

通常ステップアップ講座は一般の方を対象に行うサポーター養成講座の次の講座ですがこちらでは小学生向けに行っています。

ここがこの記事での一番のポイントかと思います。

講座では、裾野市役所介護保険課の職員が認知症について説明し、「物忘れなどの症状は目に見えない。相手を驚かせないよう静かにゆっくりと話しかけて」と呼びかけました。

そして講座支援員が高齢者役を務め、児童は1人ずつ「下校途中に、帰り道の分からなくなった近所のおばあさんが道にたたずんでいた」との設定で対応を実践しました。

現在多くの地区ではサポーター養成講座のステップアップ講座が開かれ、その参加者がチームオレンジとして地域で活躍するため準備しています。

チームオレンジについてはブログでもまた取り上げたいと思います。

https://www.at-s.com/news/article/shizuoka/1263670.html

高齢者に優しく声かけ 裾野・向田小児童 認知症学ぶ

出典 あなたの静岡新聞
タイトルとURLをコピーしました