医療関連

認知症疾患医療センター

認知症疾患医療センターとは、認知症の医療相談や診察に応じる専門の医療機関です。

都道府県や政令指定都市が指定する病院に設置され、全国に499ヵ所あります(令和4年10月時点)

認知症疾患医療センターは、地域のかかりつけ医、サポート医、地域包括支援センターなどと連携し、認知症患者とその家族を支援します。

そして医療機関の規模や人員配置などにより、次の3つに分類されます。

(詳しい要件は添付ファイルをご覧ください)

  • 基幹型:大規模な医療機関(総合病院)
  • 地域型:精神科のある病院など
  • 連携型:診療所や小規模な病院

 

引用 厚生労働省

具体的な全国の施設に関しては下記のリスト(令和4年10月時点)をご覧ください。

https://www.mhlw.go.jp/content/001004958.pdf

 

認知症サポート医

 

 

 

かかりつけ医認知症対応力向上研修(オレンジドクター等)

 

 

 

WHO「認知症リスク低減のためのガイドライン」

 

 

 

認知症診療に用いられるスクリーニングテスト

 

タイトルとURLをコピーしました