スポンサーリンク
スポンサーリンク

津山市:高齢者対象のeスポーツ体験会 #566

このnoteでは認知症に関連した情報発信と全国区市町村での取り組みを紹介しています。
ブログ「認知症ちいきマップ」では過去noteに掲載した記事のまとめとその他、興味のあるものを雑記ブログとして紹介しています。
ノルディックウォーキング資格取得!! ##27を追加しました。


いつもnote記事みていただきありがとうございます。

岡山県津山市にて津山高専と連携してコンピューターゲームの腕前を競う「eスポーツ」の体験会を市内の高齢者を対象に始めた内容です。

脳の活性化に効果があるとされるゲームを認知症予防に応用。
高齢者からは「夢中になる」「孫と勝負したい」と好評ということです。

ゲームは和太鼓を模したコントローラーをたたく「太鼓の達人」で指導するのはeスポーツの普及について学ぶ高専生7人です。

場所は、市が介護予防事業として展開する「こけないからだ講座」の会場計10カ所で9月まで開催する予定です。

そして今回の体験会の様子は下記の津山高専ホームページにも掲載されています。そして学校として取り組むテーマとしての資料も掲載がありました。

https://www.tsuyama-ct.ac.jp/oshiraseVer4/dekigoto/dekigoto202306.html

全系横断演習Ⅰ実施予定テーマ(令和5年度)

上記のテーマが採用され、地域の高齢者に向けて活動をしています。

そもそもここの代表教員である寺元貴幸さんが企画してスタートした取り組みかとは思いますが、地域の大学に加え、高専がある地域でもこのような展開が期待できるのだと参考になった記事でした。

最後までみていただきありがとうございました。

https://www.sanyonews.jp/article/1427156

高齢者対象にeスポーツ体験会 津山市、認知症予防に応用

出典 山陽新聞
タイトルとURLをコピーしました