スポンサーリンク

五ヶ瀬町:高齢者のeスポーツへの関心が続くわけ #886

eスポーツ

ブログでは認知症に関連した情報発信と全国区市町村での取り組みを紹介しています
テーマ毎にもまとめていますので宜しければご覧ください

はたはたです。
いつもブログみていただきありがとうございます

宮崎県五ヶ瀬町での高齢者向けのeスポーツ体験会の話題です。

目的は高齢者の認知症予防や心身の状態が低下した「フレイル」状態の予防、生きがいづくりです。

体験会は地元企業にコーディネートやライセンス許諾を委託して町内3か所で実施し、60代から90代の高齢者34人が、「スペースインベーダー4SEギガマックス」を家庭用テレビゲーム機で体験しました。

今までeスポーツの話題についてはぷよぷよやテトリス、太鼓の達人、レーシングゲームなどありましたが懐かしいインベーダーゲームです。

過去のブログ記事20以上あってまだきれいにまとめられてませんがこちらもご参考まで
eスポーツ アーカイブ – 認知症ちいきマップ (mapchiiki.com)

あと記事のコメントを見てなるほどなと思ったのが、「生まれて初めてテレビゲームに触れる参加者も多く、最初は苦戦していましたが、ゲームをプレイしていない順番待ちの参加者も一緒に声を掛け合いながらプレイを重ねることで全員がハイスコアを更新していました」ということです。

今、eスポーツが受け入れられているのには、懐かしい世代というよりは全く新しいチャレンジという意味での興味関心で広がっているのだなと感じました。結果として認知症予防になればなお良いという感じでしょうか。

この町でもサロンや介護予防運動教室など、従来の介護予防の取組にはなかなか参加をすることのない年齢層や男性の参加もあり、体験会は大いに盛り上がったそうです。

ちょっと今までの集まりとは違うぞという部分をPR出来ればしっかりと集客できるなと感じました。効果面のPRも大事ですがやはりまずは楽しそうだなとかワクワクするかですね。

最後まで見ていただきありがとうございました。

スペースインベーダーゲーム(eスポーツ)体験で高齢者を支援=宮崎県五ヶ瀬町:時事ドットコム (jiji.com)

引用 jiji.com
タイトルとURLをコピーしました